薄毛で髪のボリュームが気になる日記ブログ

薄毛の一番の問題である髪のボリュームがない状態

髪のボリュームがない状態

薄毛になると髪のボリュームがない状態ですが、髪をセットする際もボリュームが出せないので、髪型が決まりにくい状態でもあるかもしれません。

 

そのためセットに時間がかかるという面があるから鏡とにらめっこしている時間も長くなるので、頭への視線というのが気になるかもしれません。

 

坊主であればすぐにわかるので、あまりじろじろ見ることはないかもしれませんが、微妙に分かりずらい時って見入ってしまったりする場合があるので、薄毛の部分に視線を感じてしまう場合もあるでしょう。

 

またまだ薄毛ではなく髪がふさふさの状態でも家族に薄毛の方がいる場合など男性型脱毛症ではAGAなど遺伝が関係していたりするので、早い方で20代の前半で生え際が後退し始める場合もあるようです。

 

薄毛になる前に髪のコシが実感できなくなる?

実際にボリューム不足を感じる前に髪にコシがなくなってきてペタッという状態になりやすいからコシがなく朝セットする際に髪が立ち上がりにくい状態になりやすいです。そのため午前中と午後では髪の状態がハッキリ違う場合もあるかもしれませんね。

 

美容院とかでセットしてもらうと髪がうまくたちあがっている場合があるかもしれませんが、美容院で使用しているシャンプーを自宅で使用しても香りが同じ感じになることはあるかもしれません。

 

しかしドライヤーの使い方など当て方の微妙な違いで髪型がかなり変わってくるというのがやはり実感するかもしれません。

 

薄毛の際に使用を考える発毛薬や育毛剤

薄毛の場合でもAGAクリニックではオリジナルの外用薬でもある発毛剤を使用している場合もありますが、美容院でもあるように業者と提携している場合には発毛剤の効果よりも提携しているメーカーの製品を優先的に使用する場合もあるので、発毛剤ではなく市販でも購入できる医薬部外品の育毛剤を使用する所もあります。

 

しかし製品としては非常に優れた製品を使用している場合もあるため副作用や効果などのバランスを考えて使用している場合もあるかもしれません。

 

それは内服薬としてフィナステリドやミノキシジルを使用しているというのが関係しているかもしれません。

 

発毛剤の場合には薄毛の解消に役立つ反面人によっては頭皮が荒れたりかぶれて赤くなったりする場合もあるので、クリニックで販売を促進されるというのはデメリットしかありませんが、頭皮に合った育毛剤を使用しているのであれば今後も使用したほうが良いかもしれません。

 

あくまでも医師との信頼関係上成り立っていることがやはり一番大事かもしれません。