発毛で内服薬を使用する上で気になる事があったりする?の情報ページ

MENU

発毛で内服薬を使用する上で不安な事

発毛

育毛サプリというのは内服薬でフィナステリドと似たような働きがあるとして知られている成分でもあるノコギリヤシなどがあります。

 

ただ違いがあるのは、医薬品としての成分と健康食品上での成分が同じという事なので、結構違いがあります。

 

科学的根拠がないと医薬品としては認定されないのと通常食事の補助として活用するサプリの違いです。

 

しかしサプリであっても栄養を取らないと生命に関係するのと同じようにただの食品としてガッカリするのも少し違うかもしれません。

 

内服薬

医薬品のフィナステリドなどが含まれている内服薬は少なからず副作用が関係しています。

 

ミノキシジルのタブレットに比べると副作用のリスクが気になるほどではありませんが、抜け毛を止めている以上エンドレスに飲み続ける必要がある以上、定期的に血液検査が必要になります。

 

あくまで男性型脱毛症の場合には命に係わる事ではないので、自由診療でもあるからある意味薬を途中でやめたり色々試したりすることもあるかもしれません。

 

副作用として肝機能障害というのがありますが、薬による副作用でも医師自体の見解が違う事に結構ビックリです。

 

肝臓は再生機能が高いので、薬を止めた時点で改善するというのもあれば、意外に残るという意見もあり、肝臓は沈黙の臓器なので、結構心配です。

 

意外に実感している副作用として結構多いのが性欲の減退というのが一番多くみられることで、結構記憶力が低下したりというのも結構多いみたいです。

発毛で内服薬を使用する上で気になる事があったりする?85 関連記事

発毛で内服薬を使用する上で気になる事があったりする?の関連ページです。



▲発毛で内服薬を使用する上で気になる事があったりする? 先頭へ戻る