ストレスが妊娠するためには良くない?

MENU

ストレスが妊娠するためには良くない?

ストレス

ストレスが妊娠するためには良くないと言われています。良く今まで妊娠できなかった人が環境が変わったら妊娠出来たという話もあるくらい生活環境やストレスと言うのは妊娠に関係しています。

 

妊娠が出来ないプレッシャーが強いストレスを生みますので、ますます妊娠できなくなる可能性もあります。

 

女性ホルモンのほとんどは脳下垂体から分泌されていて、女性ホルモンはストレスに弱いとよく言われていますが、脳下垂体自体もストレスに弱いんですね。

 

脳をストレスから守るために、アドレナリンを分泌し、筋肉を分解して糖分を作りだします。その為筋肉量が減ってしまい、さらにストレスに弱い体に繋がります。

 

運動不足も不妊の原因とも言われていますが、ストレスに弱くなり、筋肉量が減る要因を作りだしてしまうので、ストレス解消する為に適度な運動をしていくことが大切です。また疲労もストレスによるものも多いですから、疲労回復にも努める事が重要です。

 

ストレスで妊娠しにくくなるのは女性だけではなく、男性の生殖器にも大きな影響を与え、勃起不全(ED)た精子の能力にも影響を与えます。

 

生活環境を整えたりリラックスタイムを設けたり心を落ち着かせる工夫をしてみるのも良いかもしれません。