腹筋エクササイズで重要なのは?

MENU

腹筋エクササイズで重要なのは?

腹筋エクササイズ

腹筋エクササイズで重要なのは起き上がる事ではない事です。

 

起き上がる動作は股関節を多く使うので、効果的ではないです。腹筋エクササイズでは腹直筋と言う一番表面の筋肉を使いたいわけですが、腹直筋の主な仕事は背骨を曲げる作用です。(腰椎の屈曲)

 

なので腹筋の動作中に背中が反っていたり、背中に丸みがない状態のエクササイズは、腹筋に対して効果が薄く、無意識に大腰筋や太ももの前側の筋肉を使ってしまいます。無意識で使いたい筋肉と違う筋肉を使うのは体の特性上あまり良い事ではないのですが、それは使いたい筋肉を使用する際に意識出来なくなるからなんです。

 

腹筋で重要なのは、呼吸を吐く際にお腹の力で吐くとお腹が少しでも凹みます。凹んだ状態で丸まる様に行う事が重要です。そうすると起き上がってこれないのですが、腹直筋は起き上がる筋肉ではないので、動き自体少なくても効果は全然違います。

 

筋力がないから起き上がれないというのは、特に腹筋も関係することはありますが、起き上がることが腹筋エクササイズではないので、お腹を凹ましてからお腹を丸めると言う風に行うと5cmしか肩が浮かない事もあります。効果が出やすい腹筋を行いましょう。