夏は冷え性だと厳しい季節ですね。

MENU

夏は冷え性だと厳しい季節ですね。

冷え性

内蔵型冷え性という言葉を知っていますか?

 

内蔵型冷え性とは、読んで字のごとく、内臓が冷えてしまうことによって生じる冷え性の症状なのです。内臓が冷える。

 

というと、あまりピンと来ないかもしれませんが、今時期の暑い夏の季節などに、冷たい食べ物や、冷たい飲み物などを、頻繁に飲んだり食べたりすることで、身体の中が冷えてしまうのです。無意識に冷たいものを飲む癖がついているというのが私にはあります。

 

無意識に、冷たいものを取り続ける事で、何となくだるい。

 

などといった症状が現れることがあるんですよ。

 

冷え。というのは、本当に良くないので、こういった時期に飲むものなどには、気をつけたほうが良いと思います。例えば、飲み物を飲むときでも、氷をガンガンにいれて、キンキンに冷えた飲み物を飲むよりも、冷蔵庫から出したままの冷たさを楽しむ。

 

とか、たまには熱いお茶を飲んでみる。なんていうのもお勧めですよ。毎日のちょっとした工夫で、内蔵型冷え性を予防することが出来るので、是非、注意して過ごしてみて欲しいです。

 

内蔵型冷え性は、特にお腹の冷えも出やすいので下痢とかしないようにしましょう。