飲酒と喫煙は妊娠における影響が強い?

MENU

飲酒と喫煙は妊娠における影響が強い?

飲酒と喫煙

飲酒と喫煙は男女とも妊娠における影響が強いと言われています。

 

飲酒と喫煙の両方に言える事ですが、男性の場合、精子数の減少や奇形・運動率などどちらも低下すると言われています。

 

女性では、閉経が早まる事や卵管障害などに繋がる恐れがあります。卵子と精子と両方とも影響が強く、受精率も低下してしまいます。

 

また妊娠後にも胎児に与える影響が強く、先天性の異常が起こりやすく、飲酒とタバコの両方とも注意が必要です。

 

妊娠率も大きく下がってしまいますし、流産の可能性も高まってしまいます。

 

妊娠中は特に飲酒と喫煙は控えた方が良いと言われています。また中々妊娠できない人は飲酒や喫煙が影響しているかもしれません。

 

喫煙は、3か月前から喫煙し、飲酒もなるべく控えるようにしていくと、妊娠しやすく、赤ちゃんへの影響も少なくなるかもしれません。