今までのシャンプーと違って弱酸性は泡が違う

弱酸性

そういえば家で使用している弱酸性のアミノ酸系シャンプーは今までのシャンプーと違って泡がモチッとしています。

 

泡のきめが細かいのは泡立ててみればすぐにわかるので、やっぱり洗いやすいですよね。

 

モチモチ感の弾力がある泡が優しく包み込んでくれると言うよりお餅がノビール感じなんですよね。

 

なのでかなりモチ〜〜ッしている感じですが、そんな弾力感がるのがタカラベルモントのエステシモというシャンプー。

 

かなりマイルド感もあるので髪の痛みにも良い弱酸性シャンプーに仕上がっていると言う感じがします。

 

今では購入が難しいので販売中止になってしまったのでしょうか。

 

中々これほどバランスの取れたシャンプーは中々ないので他のを探すとなるとかなり時間がかかりそうです。

 

弱酸性というのであればいくらでもある?

シャンプー

弱酸性のシャンプーであれば、石鹸シャンプー以外は弱酸性なのでどれでも良い様に思えますが、やっぱり良いシャンプーを使用すると安いシャンプーの独特の香りや洗い上がり感というのが満足できない場合もあります。

 

そのためにアミノ酸系とか美容室が開発したシャンプーなどがあるように思えます。

 

髪が非常に短いのであれば弱酸性にこだわらず、石鹸シャンプーでも髪がきしむ量自体が少ないからリンスも不要で洗ってしまうというのも出来るけど、髪にカラーなどを入れている場合には、やっぱりアミノ酸系シャンプーを使用したほうがカラーが長持ちするので、経済的にみるとカラーを入れる回数が増えるけどシャンプーを安く済ませる方法とカラーを長持ちさせて美容院の回数を減らすけど、シャンプーは高いというのはどちらが良いのでしょうか?

 

メントールの爽快感がプラスされた弱酸性シャンプーがいい感じです

弱酸性

メントールも少し配合されているので若干スースーするけど量も多くないので控えめです。控えめな私にはちょうど良いのかもしれません。

 

そしてこのモチモチ感がある泡が個人的に大好きなのでボディー用としても使用していましたが買ったのは200mlだったのでビンみたいにノズル式ではないからあけるのが面倒なんですよね。

 

ペットボトルみたいな感じです。次は600mlだっけかな?ノズルが付いているのでそっちにしてみようと思います。

 

洗っている際の使用感も大事ですが、やっぱりオシャレなシャンプーは、ポンプなどをする際など使用感を少し犠牲にしているところもあるので、しっかり使用してみて実用的かどうかも判断してみたいと思います。

 

弱酸性シャンプーというと市販で売られている高級アルコール系のシャンプーも弱酸性ですし、アミノ酸系シャンプーも洗浄力が強いのから弱いのまで色々含めて弱酸性なので、ちゃんと品質を確認して購入したいですね。

弱酸性シャンプーは泡が滑らかでモチッとしています 関連記事