色々なエキスが配合されている育毛シャンプー

育毛

育毛シャンプーでエキスがたっぷり配合されると今度は腐ってしまいやすいのでどれだけ防腐剤を入れるかが鍵になってくるんだけど洗浄成分よりも防腐剤を多く入れてしまうと成分表記では、

 

水・パラベン・プロピルパラベン・ラウレス硫酸・・・・

 

という風になってしまう。これだと何を入れても腐らないけど防腐剤でシャンプーしてもしょうがないよね。

 

だって頭皮が腐らない様にシャンプーしても意味がないし、これだと育毛シャンプーとして売れないよね。ではこれは最新のシャンプーだと思うのだけどどうかな?

 

水・ラウリル硫酸TEA・ラウリル硫酸Na・ラウリル硫酸アンモニウム・・・

 

原価を抑えて高く売りたいと考えています

シャンプー

非常に洗浄力が強いのでコストも100円よりは抑えられるので50000円ぐらいで売りたいと考えている。

 

2代目経営者よりも酷い商売を考えている人はいないでしょう。育毛シャンプーではセンブリエキスなどの生薬が配合されていたり洗浄成分が弱い方が良いですからね。

 

つまりこれらの事を考えて気になったシャンプーを定点観測しながら分析する!というのが一番大切なんですよね。

 

できるだけ質の高い育毛シャンプーを通販で購入して行きたいと感じています。

 

育毛シャンプーを購入するとなると他にも育毛剤や育毛サプリなどシャンプー以外にも毎月購入したりする人も結構多いと思うので、やっぱり価格が高くなく品質が高いのを購入したいと思います。

 

育毛シャンプーとスカルプシャンプーの違いは?

成分

最近では育毛シャンプーよりもスカルプシャンプーの方が多く販売されているような感じがします。

 

主に違いというのはないような気がしますが、言葉の違いというのがありますので、育毛シャンプーは育毛目的で使うという事で、主に抜け毛予防や抜け毛が気になる方などが対象になるかもしれません。

 

スカルプ用になると頭皮の状態が抜け毛に関係してくるので、本来は育毛シャンプーと同じ目的の方が購入するのも最適ではありますが、フケが気になったり頭皮の状態がイマイチ気に入らない状態の方まで使用できるというより幅広い範囲で使用できるのが特徴かもしれません。

 

育毛シャンプーにもスカルプケア目的でもある頭皮の荒れを防ぐ成分が配合されていることもあり、どちらも名称の違いというだけの場合も多いかもしれません。

 

同じシャンプーでも広告を変えるだけで育毛シャンプーからスカルプシャンプーになっているのを色々見ているので、どちらの選択肢からも良いシャンプーを見つけられるだけシャンプーの種類も増えてきているのは購入できる選択肢も増えるので良いことかもしれません。

育毛シャンプーなどに使われている成分など調べてみました 関連記事