自転車の買い物カゴが大変

自転車

自転車で買い物に出かけるというのは非常に多いし、生活必需品を購入して帰るというのは、ごくごく当たり前になっているので、わざわざブログやサイトで取り上げてもどうでもよい事の様に思います。

 

普段買っているものなど、かさばらないものを多く買う事が多いような気がします。

 

たまに大きなものを買ってしまうと籠の中に入らないという事が出てくると大変です。

 

大体カゴの中に入らないものってかなり重いので、手で持って片手運転という訳にもいきません。

 

最近では自転車のマナーが良いのか片手で何か持って自転車を乗っているというのは、スマートフォン以外では見かけなくなった気がします。

 

このようにカゴに入らない製品を買ってしまうと郵送してもらう以外に手がないので、間違って買ってしまった場合には、製品を購入して使う喜びよりもどうやって家に持って帰ろうかという焦りなどが先行してしまう事もたまにはあるようです。

 

カゴの中が吹っ飛んでしまう事もしばしばある

出来事

この間は、自転車のカゴにペットの薬を取りに行った帰りに段差で籠の中が吹っ飛んでしまうというのがありました。

 

なので、薄い郵送物とかカゴに入れておくと段差の際に落ちてしまうという事も結構あります。

 

気が付けばよいのですが、気が付かないと結構大変です。気が付いても自転車から降りて取れるようなところだと良いのですが、自動車の交通が多いところで落としてしまうと非常に危険だし恥ずかしいですよね。

 

あまりママチャリで飛ばしている人はいませんが、結構遠い所に行く場合には、結構飛ばしているような場合もあるようです。通常の道を30分以上こいでいると坂道など土手の所や橋のところは坂道になってしまうので、疲れてしまいます。

 

体力がなさそうなおばあちゃんですら、普通に自転車をこいで登っていますが、恥ずかしいことに降りて登ったりすることもあるかもしれません。

 

坂道が急な所に住むのはやっぱり大変?

自転車

坂道が急な所に住んでいる場合には、電気自転車が非常に楽な様に感じました。どんな勢いをつけてもトロトロ運転みたいになると自転車の場合には左右に振れてしまうのが大きくなってしまうので、危険です。

 

体力が落ちてくると足に乳酸が溜まりすぎて足がパンパンになるし、息も上がってしまいます。

 

こうなってしまうと個人的には歩いて行ける距離なら歩いてしまおうと思ってしまいます。

 

田舎ならのんびりしているので坂道が急でも良いのですが、都心や田舎の中間的なベットタウンみたいなところで坂道が急だと個人的には萎えますね。

 

自転車を使わず徒歩で買い物中

また自転車で出かける必要がないくらい近いところにホームセンターなどがある場合には、徒歩で出かけることもしばしばあるのではないでしょうか。

 

椅子とか購入すると大きすぎるのと段ボールなので、手に引っ掻ける所がないので、重さ以上に持ちにくいから家まで持ち歩くのに一苦労です。

 

色々日常生活でも試行錯誤してこれくらいの大きさや重さ以外に持ってみると意外に持ちにくい製品とかあったりするので、近くの買い物でも車を活用する人って増えてきていますね。