洗浄成分も色々使われているアミノ酸系シャンプー

アミノ酸系

アミノ酸系シャンプーというと主にアミノ酸系洗浄成分が使用されているシャンプーの事ですが、スルホン酸系などアミノ酸系洗浄成分以外の洗浄成分が含まれているシャンプーもアミノ酸系シャンプーといわれていることもあります。

 

1つのシャンプーに洗浄成分が1つだけ使われているという訳ではなく、複数の洗浄成分に洗浄補助成分なども使われているため、例えば5種類洗浄成分が使用されている場合にアミノ酸系が1つ含まれているとアミノ酸系と呼んでしまう場合もあるようです。

 

色々種類を入れることで一番配合量が多いのと少ないのに分かれていきますが、配合量が一番多いのがアミノ酸系洗浄成分なら分かりますが、配合量が少ない場合にはあまり納得しにくいかもしれません。

 

アミノ酸系シャンプーと呼ばれる場合に特に決まりがない?

シャンプー

市販系シャンプーの場合にはアミノ酸系シャンプーよりも高級アルコール系と呼ばれる事も多いと思いますが、アミノ酸系洗浄成分も配合量が少なく入っているけどアミノ酸系とも呼びませんよね。

 

販売の仕方などは大手の方が枠を乱していないためある程度安定した価格と品質を保っていると実感しています。

 

アミノ酸系の場合にはムラがあり、高品質で価格が安い場合と品質に比べて価格が高い場合もあるようです。

 

今ではアミノ酸系シャンプーも非常に種類が多いので、大手メーカーなどもノンシリコンタイプを含めて積極的に販売されているから、価格もリーズナブルな傾向も出てきているようです。

 

よく使用されているアミノ酸系洗浄成分は?

アミノ酸系

アミノ酸系洗浄成分でよく使用されているポピュラーな洗浄成分はグルタミン系やアラニン系が良く使用されています。どちらも温和な洗浄力で、洗浄力というより使用感がシットリしやすいのが特徴となっています。

 

シットリしたい際に使う以外にサッパリしたいときなど爽快感や洗い上がり感を期待したい場合や夏場などはメントールが配合されたシャンプーに加えて洗浄力が高くなる配合をしている場合もあるようです。

 

大まかなアミノ酸系洗浄成分の特徴は?

シャンプー

コラーゲンなど同じようにアミノ酸系洗浄成分はありますが、どれも共通して洗浄力が弱くなると汚れを浮かす力が弱くなり、髪への吸着力が強くなるため、シットリした傾向が強くなります。

 

そのため洗浄を期待する成分よりもトリートメント作用の方が強くなってしまうというのもあります。

 

逆に洗浄力が強いタイプでもあるサルコシンなどアミノ酸系洗浄成分の場合には、洗浄力が期待できる分、反対に髪の成分まで落としてしまいやすいから髪が傷みやすくなったり、頭皮の皮脂が取れすぎてしまう場合があります。

 

そのためシャンプーでは単一の洗浄成分を使用するというよりも色々なタイプのアミノ酸系洗浄成分を使用してるのがほとんどです。

 

どのような人がアミノ酸系シャンプーに向いているの?

シャンプー

アミノ酸系シャンプーであればノンシリコンなどコーティング剤などが含まれている量も少なくなっているのはシャンプー中にキューティクルが開かないので髪自体がきしみにくいから髪の傷みが気になる方は使用しやすい特徴もあるかもしれません。

 

大きく使用感が高級アルコール系から変えた場合に変化がないこともあるかもしれないので、主に気にしない方は価格が安いのを使用したりこだわらないのも1つですね。

 

ある程度長い期間使用しないと頭皮へのダメージなどはわからない面もあるので、現在頭皮のフケや脂性など特に悩みがない場合には、無理にアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーに変える必要はないかもしれません。

 

また髪の傷みなど髪に状態が気になる場合には美容室で使用しているシャンプーから始めてみると良いかもしれませんね。

更新履歴